最近、水道水の水に総トリハロメタンが含まれていることが問題視されるようになってきています。

というのは、トリハロメタンに発がん性や催奇形性が疑われており、さらにトリハロメタンの一つであるクロロホルムなどに、肝障害や腎障害を引き起こす危険性があることがわかっているからです。しかし、なぜ水道水にそのような有害物質が含まれているのでしょうか。それはウイルスや細菌を除去するために含まれている次亜塩素酸が、様々な不純物と反応することで総トリハロメタンが発生してしますのです。総トリハロメタンを発生させないために次亜塩素酸の濃度を低くすると、今度はウイルスや細菌などの有害物質が体内に入り込んでしまうリスクが増えてしまいます。

現在、次亜塩素酸は水道法によって蛇口から出る水に残留することになっているので、これを減らすことはできません。


そこで、できる対策としては次亜塩素酸によって生まれる総トリハロメタンを除去するしかありません。

コーヒーマシン情報に関する耳より情報を公開しています。

実は浄水器を取り付ければ、簡単に総トリハロメタンを除去することができます。

それだけではなく、鉄分やカルシウムイオンやマグネシウムイオン、微生物や微粒子なども取り除くことができ、安全でおいしい水になります。

浄水器で重要なのは、浄水器そのものではなく、中に入れるフィルターの精度です。

価格によって除去できる物質に差が出てきます。

フィルターが詰まってくると、水の出が悪くなってくるので交換のサインです。



まとめ買いすれば費用を抑えることができますよ。